おどる国文際 vol.2

次は、「もくもくもく」 曽我部昌史さんの作品です。
f0053665_00678.jpg

丸太を鉄筋などでつないだ建物?です。下が丸太の迷路になってて、ずっと辿って行くと屋上?に出ます。黒のシャツを着ている人が作者です。
f0053665_052468.jpg

f0053665_055335.jpg

この作品で印象に残ったのは、この作品に辿り着くまでです。車は近くのグラウンドに止め、そこから歩いて行きます。その駐車場から作品場を見ると遥か山の上です。「え〜、マジで〜。」って思います。途中であきらめていしまいそうな距離に見えます。徒歩15分と案内されました。案の定、「ハ〜、ハー」言い出しました。ちょっと、気分を変える為にスキップもしてみました。意外とイケます。やってみて下さい。8〜9割ぐらい登ったところ「このカーブを曲がったらええ加減着くやろ。」って思ってカーブを曲がりきるとさらにグワーっと登り坂が現れます。思わず『どんだけ〜!』って言うてしまいました...。多分、皆さんも言うと思います。いや、言って下さい、「やっほ〜風に」。
つらい事ばかりではないです。景色がものスゴく良いです。山が重なり合っててずーっと向こうまでが見えます。
つづく...。
それと、のっぼってる途中で日比野克彦さんとすれ違いました。有名人に会えました。
[PR]
by u_g66 | 2007-10-31 00:38 | ニチジョウ | Comments(0)


<< ご無沙汰してます....。 おどる国文際 vol.1 >>