<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

椅子導入!

注文していた椅子が届きました。
未だ完成していない改装中のU,G FURNITURE事務所兼展示場の椅子です。
来客用の椅子が無かったので4脚まとめて購入しました。
f0053665_9571266.jpg

やっぱり、色いろいろ頼んでしまった。
10色もあったら、イロイロ頼んでしまいますわー。
f0053665_9575222.jpg

ちなみにこの椅子はウチでも販売できますので気になった方は、お声掛けください。
[PR]
by u_g66 | 2012-10-26 09:56 | パッション事務所 | Comments(0)

夕焼け

f0053665_17302889.jpg

ウチの近所の絶景ポイント
f0053665_2074039.jpg

[PR]
by u_g66 | 2012-10-13 17:29 | ニチジョウ | Comments(0)

T文化村 家具工事の一部 10/26コメント追加

f0053665_925761.jpg


メインのキッチン。
シンプルですねー。しかし、腰壁、天板、Rになってますねー。しかも、天板段差がついてますねー。
その段差が付いてるところにコンロの純正操作板が取り付いてます。難しかったですよー。
コレは部品の調達が大変でした。A建設社長の一声でメーカー動きましたよね。
ステンレスの天板も社長、一発勝負で発注。
やっぱりこれも、図面を書く段階で勝負は決まってます。
不安でしたが、ほぼ、ドンピシャで完成させました。時間いっぱいいっぱいで。
その他、業者さんには協力していただきました。
ボク、この難しいのをこなして、レパートリーが増えたと思います。
f0053665_9252487.jpg


ステンレスもバッチシ。作業スペースとコンロ部分は30ミリの段差がついてます。ステンレス折り曲げ加工です。バッチシ。
f0053665_9254221.jpg


カウンターと腰板部分もRがついてます。
f0053665_9255011.jpg


この変わった形の....いやいや、何ともいえない形のダイニングテーブルも製作。
柱に噛み込んでますね〜。
真半分で持ってきて柱を切りカギ、柱に噛み込まして裏でボルト繋いでます。
その後、クセモノの流木の足を切り込んで取り付けました。
f0053665_13253633.jpg


このソファーも納品。さすがにこんな複雑なソファーは椅子専門の会社にお願いしました。
仕上がりはさすがのバッチシ。
素晴らしいです。

建築も中庭があったり五右衛門風呂があったりと大変でしたがいろいろなドラマもあり面白い現場でした。
早く、プロの写真家さんが撮る完成写真を見たいです。


設計はいつもお世話になってる内野設計さんです。
以前、ボクがブログで「最近、変わった形のモノが・・・・」と投稿したら「なんともいえん形でしょ」というふうにコメントいただいた方です。
イイ言葉いただきました!!
たしかに、形をデザインした人はコレがイイ!と思って決めているので「なんとも言えんカタチ」・・・・
おっしゃるとおりでございます。

Tさま、内野設計さま、A建設さま、ありがとうございました。
良い経験が出来ました。

10/26コメント追加
[PR]
by u_g66 | 2012-10-10 13:27 | ゲンバ | Comments(2)

木工まつりin阿南市

突然の告知になってしまいましたが、木工まつりin阿南市に家具を出展してます。


地元、阿南市で木工まつりが開催されるということでU,G FURNITUREからはニコニコヤさんとのコラボレーションモデルの子供椅子(キリン)と丸テーブル(カバ)を出品させていただきました。

他にも、色々な徳島の作家さんの作品が出展さていますので是非、足をお運び下さい。

詳しくは、下記をお読み下さい。


会場の模様など写真が撮れましたらUPします。

f0053665_13232881.jpg


阿南の建具組合と木工会館がスクラム~木工まつりin阿南市を開催
全国有数の建具・家具産地の優れた製品を阿南の皆様に紹介します


 阿南市の建具組合(徳島県建具協同組合・阿南市那賀川町苅屋357-2・理事長前田久夫)と徳島市立木工会館(公益財団法人徳島市地場産業振興協会が運営)が連携し、阿南市において初めて「木工まつり」を開催することになりました。低迷する徳島の建具・家具産業を、建具文化発祥の地・阿南から盛り上げるため。徳島県建具協同組合の前身は、その地名から中島建具と呼ばれていました。(中島は、那賀川下流に位置するかつての木材集散地です。)明治20年に建具・襖を、明治25年に雨戸の製造を始めたと伝えられています。戦後は雨戸の生産が拡大し、阪神はもとより関東の市場にも食い込むほどの勢いでした。今日、阿南市は全国有数の建具産地と言われています。
 建具と言えば、障子や襖、玄関・室内ドアなどの戸のことを指しますが、建具業者はそれだけでなく、その技術を活かし住宅向けの家具や店舗・施設向けの家具・什器など、幅広い木工製品を手掛けています。一方、木工会館では、地場産業の木工業について、多くの皆様に知っていただくため、年に100回、企画展を開催しています。この木工まつりは、会場の選定・設営・PRまで,建具組合の協力により開催するもので、関係者は、建具産地の阿南から、徳島の木工業を再生したいと意気込んでいます。
 「木工まつりin阿南市」の内容は、まず、建具組合の作品や歴史を紹介する「建具組合コーナー」を設けます。地元の皆様に、阿南の建具について認識を深めていただきたいと思います。また、阿南市の美術工芸家の作品も展示します。次に、家具の出血サービスの「お買い得コーナー」を設置します。市価の半額以下のお値打ち品を多数展示し、まずは徳島家具を気軽に購入し使っていただき、その良さをわかっていただければと思います。また、ものづくりの素晴らしさを理解していただくため、体験教室や実演も行います。


と  き 平成24年10月5日(金)~10月8日(月) 午前9時~午後6時
                                (最終日は午後5時まで)
ところ 那賀川町民センター3階大ホール
     (阿南市那賀川町苅屋 TEL0884-42-2900)

・建具組合コーナー 建具及び木工小物50点、中島建具の歴史紹介パネル等
・工芸作家コーナー 流木工芸、吹きガラス、竹人形、木製LED看板等122点
・お買い得コーナー ダイニングセット、リビングセット、ソファ、パーソナルチェア、ベッド、テーブル、チェストなど約600点で全品市価の半額以下
・木工実演 日程:10月6日(土)10時から15時
        実演者:阿部工房 内容木彫り
・体験教室 日程:10月7日(日)10時から正午 内容竹細工 参加費600円
        講師:阿南市竹人形伝承会 定員20名 

入場無料


※公益財団法人徳島市地場産業振興協会さんホームページより抜粋。
http://www.jibasan.org/
[PR]
by u_g66 | 2012-10-05 11:14 | イベント | Comments(0)

シェル

f0053665_10252532.jpg

第二弾、急ピッチ製作中です。
[PR]
by u_g66 | 2012-10-03 10:24 | 家具 | Comments(0)

マセラティ クアトロポルテ ウッドパネル 再生 2

マセラティ クアトロポルテ ウッドパネル 再生 第2弾!

前回のが、かなりうまくいったのでオーナーさん、第二弾投入。

塗装が白く濁ってしまってます。塗装の奥の木目がほとんど見えません。
f0053665_22325943.jpg

センターコンソール?(エアコン等の操作ボタンがあるところ)。
f0053665_22321957.jpg

エアコン吹き出し口あたり(真ん中にはマセラティの王冠のマークがついてる)のパネル。
年式よってはあの美しい時計がついてるパーツ。
f0053665_22333379.jpg

この車は中古車しか手に入らないので「こんなもんか~」って思って乗ってる方。
その曇ってしまった塗装の奥には・・・・・

実は・・・・・・・

f0053665_22375084.jpg

こんな美しい木目が埋まっていたのです。
実に勿体無い!
f0053665_2236134.jpg

その時代の高級とされる突き板が張られていてもしかしたら今では手に入りにくいかも知れない。
f0053665_22352585.jpg

それでなくても、元々、美しい内装のマセラティ。
内装(ウッドパネル)を楽しみながら、その美しい空間に浸りながらドライブしたいですよね。
f0053665_22405038.jpg

この再生はいつも家具の塗装をお願いしてると塗装屋さんに協力してもらってます。
木工製品の塗装。工芸品の塗装。さらに特殊塗装を得意とする熟練の職人さんが施工してます。
職人さんが突き板を傷めないようにと溶剤を使わず手で塗料を削り落としています。
手間は掛かってますが、突き板には安全な方法ですね。
仕上げの塗装も特殊な塗料を使用し、傷、熱に強い塗装を施しています。
また、白く濁ってくることは無いと言われてます。
ニオイもウレタン系より残りません。

ちなみに
今回の再生2のツヤは7分消し。
前回の再生1は全ツヤ。

個人的意見では、この時代のマセラティーはツヤ7分消しで、嫌らしくない程度にある程度しっとりとツヤっぽく仕上げてあげる。
それ以前のマセラティには全ツヤでコテコテにしてみるのもカッコイイかもしれませんね。

是非、美しいマセラティ(内装)でドライブを楽しんでください。

T様ありがとうございました。残りのパーツもお待ちしてます。


それと、このブログを読んで、同じ症状で悩んでる方一度、ご相談下さい。
下記のメールアドレスまでご連絡下さい。

e-mail tominaga@chive.ocn.ne.jp

*ただし、パーツの取り外し等の車両に絡む作業はできません。
あくまで、パーツ単体の塗装の塗り替えのみとなります。
エアコン吹き出し口の丸い●のマーク、qatroporteのロゴ等は塗装を剥がす際に
一緒に消えてしまいます。それは、こちらでは再現できません。ご了承下さい。

よろしくお願いします。
[PR]
by u_g66 | 2012-10-01 22:36 | クルマ | Comments(2)